2010年08月29日

ジャズ名盤20(1950-1970)第三回発表ベスト6[Tal] 【重厚な疾走感に圧倒される一枚】

【女王の教室の独り言】

どうも部長が変だ。私がイタリアから戻ってきて、「ブオンジョルノ!」と明るく挨拶をしても、ああ、お帰りくらいしか言わずそっけない。

先週は予定通りブログを出したようだが、今週は出していないようだ。元気がない。



夏ばてなのかも。お盆の当番で会社に残っていたことに怒っているのかも。まあ、いいわ。部下はいちいちそんなことまで勘ぐっていられないから、いつものように接するだけね。

女:今週はブログがまた遅れているようですよ(少し優し目に)。

部:うん、そうだね、申し訳ない。

女:・・・(何かおかしい、何かあったんだわ。いつもの言い訳がない・・・)

部:そうだ、原稿出来ているから週末時間があったらアップしてくれないか。

女:え、いいけど(これはおかしいわ。前は絶対自分でやると言っていたのに)。まあ、いいわ、じゃあ、もらった原稿を張るわね!

たぶん部長は夏ばてよ、気にしない気にしない。

Tal. Tal Farlow. 1956. Verve.

タル
タル


【ここから部長の原稿】
ということで、これはジャズギターを目指す人なら誰でも聴いてほしい一枚だな。うん、ウェスモンゴメリーでもない、ジョーパスでもない、グラントグリーンでもない。本当にすごい。

なんでもタルは元々塗装屋さんで、40年後半50年前半に積極的に活動したけど、はやばやと隠退してしまって、また元の塗装やさんになってしばらく隠居していたらしい。

それでもチャーリーパーカーのステージを何度も見て彼に影響を受けたり、50年代はチャールス・ミンガスとグループを組んだりして、大物との接触も十分なんだけど。

彼はソロプレイに特徴があって、まるで一本の金管楽器が鳴っているような感じ。この辺はチャーリー・パーカーの迫力をギターで出そうと思ってのプレイなのかもしれない。とはいえ、彼は手が大きく、タコと呼ばれていたそうで、メロディーラインが金管楽器を真似しているというわけではない。ギターのラインでもない。独特だ。

音の迫力として金管楽器のような感じなのだ。

バックのほうもそれにあわせてスリリングで、三曲目のHow about youのピアノソロ、ベースソロなど彼に引っ張られて息を呑むようなプレイになっている。

五曲目Yesterdaysもベースがもくもくと刻んで早いテンポでスリリングだ。全体にバックとの融合がうまくいっていて、一丸になって飛ばす感じでボクシングをやっているような、ロックやっているようなとも言えそう。

最後のBroadwayはそのタイトルから想像できるような明るさがあるけど、リズムの独特のはね方やその後のソロへの突撃などやはりすごい独特。

全体に独特の不思議なジャズっぽくない攻撃的な感じが響き渡り、他のメジャープレイヤーに慣れた耳にとってはとっても斬新に聞こえるかも。

【また女王の独り言】
カタカタカタ・・・ふう、打ち終わったわ。

なんだ、ちゃんと書けているじゃない?

もっと早く出せばいいのに?

やっぱり何か変ね、来週会うときはちょっと部長に何かあったのか聞いてみようかしら?

来週は私が変わって書いてあげたほうがいいかもね?

ーーーーーーーーーーーーーーー
というわけで来週は部長に何があったか、聞いてみるわね!




posted by ロック小僧 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。