2010年07月22日

ジャズ名盤20(1950-1970)第三回発表ベスト2[El hombre]【野太いラテンとブルースが聴ける一枚】

女:なんだかせっかくブログ再開したのに、先週飛ばしたような気がするのよね。

部:それが本当に申し訳ないんだけど、先週引越しをして、なかなかインターネットの環境が整わなくて・・・光を導入するのに一週間以上かかって、やっぱり会社から書き込みするのはよくないなと思ってぶつぶつ・・・



女:だったら私に言ってくれれば書いたのに。どうして言わないわけ?

部:いやそれが今回の第三回発表は前回と違って二人でこうやって会話したのを書くのがいいかなと思っているわけでぶつぶつ・・・

女:まあ、しょうがないわ。早く読者の皆様にごめんなさいしたほうが良いわよ。

部:読者の皆様申し訳ありませんでした。お許しください。


El hombre. Pat Martino. 1967(1991). Ojc.


エル・オンブレ+1
エル・オンブレ+1
*アマゾンで見つかるのがこちらのユニバーサル・ミュージックなので、こちらを紹介します。

女:で、部長の美学としては、年代の古いほうから新しいほうへと発表していくはずなのに、どうして急に1967年なわけ?

部:それがダンボールを開ける作業がまだ済んでなくてCDが埋もれていてぶつぶつ・・・パソコンに取り込んでおいたのがこれしかなくて・・・

女:まーたく言い訳ばっかりね。しかたがないわ。で、パット・マルティーノの何がいいの?

部:これが曲がいいのもさることながら、なんと言うか総合的戦力が高いんだな。ギタリストとして。

女:総合的戦力って、バッキングもよし、ソロもよしってこと?

部:うーんちょっと違うんだけど、速弾きのときの移動の幅が広いとか、なんかネック全体を駆け回るとか、ピッキングのメリハリがあるとか。特にピッキングの強弱に気をつけた人はジャズギターではあんまりいないような気がするけど、彼はその辺がうまいよね。

女:うーん、本当だわね。あと曲自体がすごいメリハリがあるわよね。後ろのオルガンがそれを盛り上げてると思うけど、ウェス・モンゴメリーとはまた違う力強さね。

部:そうだね。曲のテーマ部も覚えやすいし、なんというか、もしスイングじゃなかったらちょっとロックのインスト風というか。この人自体は一度有望なギタリストとして活躍を始めた後、脳梗塞か何かで倒れて、そのあとまた不屈の闘志でギターに取り組んでアルバムを出し続けた人らしいんだけど。その辺の意地が太い音になって出てるのかな。

女:確かにそうね、ラテン風味に味付けしてるけど野太い骨太な曲が多いわよね。

部:たまたま私のパソコンでは、名前がパットだから、この後にパットメセニーのソーラーが入っているんだけど、比べるとメセニーは本当に線が細いね。

女:で、どの曲がお勧めなの?

部:なんだかスパイ映画のテーマみたいな三曲目El hombreは面白いよね。五曲目のOne for Roseなんかも映画音楽風だなあ。

女:そういう風に聴くとどれもこれもなんだかちょっと前衛的なラテン映画音楽風に聞こえてくるわね。

部:ケニーバレルなんかに一番近いけど、もっと太くわかりやすく、ソロ部分は二倍速くしたようなアルバムだね。ちょっとこの太い中音域を前に出したようなアルバム全体の音質がもしかして今風のしゃかしゃかした録音に慣れた人には聴きにくいかも・・・

女:ああ、そんなことはないわ。曲が聴きやすいもの。ギターファンでなくてもラテン、ブルース好きなら楽しめる一枚だわ。

----------------------------
*ということで一週間飛ばしてしまいました。申し訳ありません。発表の順番とアルバムの発行年もしばらく乱れるかもしれません。お許しください。




posted by ロック小僧 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。