2010年12月21日

しばらくのお別れ[Speak like a child]【みんなの中の新しい生命の誕生を祝う一枚】

夏からもうずいぶん経った。私がイタリアに行っている間に部長には何かあったらしく、その後、数回彼の書いた文書をブログに代行でアップした。

そこで時間が止まっていた。



夏の間に何があったのか、気になったから8月の終わりのある日、部長に聞いてみたの。それも、何か会社の中では言いたくなさそうだったから、わざわざジャズ喫茶を探して。

ジャズ喫茶なんて、今の時代、もう絶滅しているから探すの大変だったわ。ジャズを流すデパート売り場はいくらでもあるのに、変な世の中になったものね。

それはそうと、部長は最初うつむいていたけど、未練がましくもなく、さっぱりした顔で、会社をやめるんだっていうのよ。

え!っと思ったわ。だって、法務部兼セクハラ担当班を無事勤め上げたら、彼も役員の一人になるって社長に言われてたのよ。社員のままだから執行役員って言うやつかしら。

それで聞いたみたのよ。どうしてそうなったのかを。

そしたら、ただ、何か違うことをしたいんだって。

何をするのって聞いたら、

そうだなあ、とりあえず、フランスのボルドーに行ってマラソンでもしてくるか・・・それからパキスタンのフンザっていうところに行って、桃源郷でも見てくるか・・・

なんて非現実的なことを言うのよ。

非現実的だけど・・・でも人生の中ではそんな時間があってもいいのかも。

で、それって、何をするかまだ決まってないってことって聞いたの。

そうしたら、まあ、いいじゃないか、全部決まって無くても。

まだまだ人生長いんだから。

なんて、達観したみたいなことを言って・・・

そのときハッと店に流れている音楽に気づいたの。ハービーハンコックのスピーク・ライク・ア・チャイルドだわね。

Speak like a child. Harbie Hancock. Blue Note. 1968.

Speak Like a Child
Speak Like a Child

そういえば、子供のときは、夏休みの宿題はあるけど、どう人生生きるべきだとか、どっちの方向に行かなきゃいけないとか、そういうことは何もなかったわね。

そう・・・

じゃ、部長、ブログはどうするのって聞いたら、そうだね、ちょっとお休みをして、元気が出て、新しいことが形になったら、また書いていきたいって。

だからしばらくの間お別れね。私が書いてもいいって部長は言ってたけど、これは部長のブログだもの。

だからみんなで部長の新しい旅立ちをお祝いしてほしい。今どこにいるか分からないけどきっと戻ってくる。

別れはさようならではなくて、新しい生命が生まれてきたお祝いなの。

みんな、だからまた会える日までしばらく待っていてね。

え?私?そうね、ジャズにまた戻ってくることも出来たし、NYでティーンのときに辞めてしまっていた画でもまた描いてみようかな。

あれからずいぶん時間が経っちゃった。もうクリスマス。

本当にみんな、メリークリスマス。みんなで自分の中の新しい生命の誕生をお祝いする日。

じゃあ、またみんなで街のどこかで会いましょう!


−−−−−−−−−−−−−−−−−
*しばらくのお別れです。みなさん、またお会いしましょう!




posted by ロック小僧 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ名盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。